☆彡安全性の高いレーシック手術

レーシックの人気が徐々に高くなってきている理由の一つに非常に高い安全性というものが挙げられます。
しかしその一方ではまだまだレーザー治療についての不安を抱えている人は大勢います。 「もしメガネを必要としない日々を送ることが出来たら…」そんな夢のような思いを描いている人もかなり多いかと思います。
その夢を叶えてくれるのが話題のレーシックであり、高い確率で視力を回復することが出来るのです。
現在、日本国内においてレーシックによる失明の症例報告は出てきていませんが、治療が失敗する可能性が全く無いとは言えないのです。
将来的に合併症などの心配を指摘する意見もあり、日本での治療の普及はまさにこれからなのかもしれません。

 

レーシックは眼科の専門医により適正な手術を行ってもらうことにより、とても安全な手術なのです。
手術を受ける時には眼科専門医で最新の治療機器が充実しており、さらにアフターフォローもしっかりしているクリニックを選ぶようにしましょう。



☆彡安全性の高いレーシック手術ブログ:2018-05-15

「シェイプアップを始めるぞ!!」って思ったときに、
多くの人が取り入れるシェイプアップ法と言えば、
ジョギング。

シェイプアップって、決意したときにすぐに始めないと、
また気が変わってしまう可能性があります。

ですから、
すぐに実行に移すことができるジョギングには
安定した人気があるわけですね。

ところで、みなさまは、
ジョギングを始めるとき、
「アキレス腱伸ばし」をしてますか?

アキレス腱伸ばしというくらいですから、
アキレス腱自体を伸ばすストレッチだと、
思い込んでいる方もいらっしゃるかもしれません。

ところがアキレス腱伸ばしは、
アキレス腱へのストレッチではないんですよね。

あれは実は、ふくらっぱぎへのストレッチなのです。

ジョギングをするときって、
ふくらっぱぎの筋肉は伸縮を繰り返します。

そのため、ふくらっぱぎの筋肉を
ストレッチでほぐしておくことは非常に重要なんです。

ジョギングをしばらく続けていると、
ふくらっぱぎが突っ張ったような感覚を
持ったことはありませんか?

あれはふくらっぱぎがオーバーワークを起こして、
筋肉が硬くなっている証拠なのです。

するとふくらっぱぎの筋肉とつながっている
アキレス腱も引っ張られる形となります。

しばらくその状態が続くと、
アキレス腱が切れてしまうのです。

これでは、しばらくの間、
トレーニングすることは厳禁となります。

シェイプアップのために、
ジョギングをすることはいいことなんですが
オーバーワークはかえって、
シェイプアップの期間を延ばすことにつながります。

ふくらっぱぎに違和感を感じたら、
ジョギングをしばらく控えることも必要なんです。

え?もう時間だ。やべ、仕事行ってきます〜