☆彡レーシックの手術方法を理解しよう

実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう。
「レーシックを受けに行ったら想像していたものと違う」とならないようにしっかりと勉強をしておくことが大切です。 視力が悪化してしまうことにより、普段の生活を思い通りに送ることが出来ない人も多くいることでしょう。
そんな人にレーシックは一つの手段であり、諦めていた視力回復をレーシックで取り戻すことが出来てしまうのです。
レーシックでは、まず最初に眼球に麻酔をかけますが、これは目薬なので注射のように痛みを感じることはありません。
目薬の液体の中に麻酔となる成分が含まれており、このことを点眼麻酔と呼んでいます。

 

実際のレーシックではレーザーで角膜を削りめくっていき、そのめくったところにレーザーを照射し、フラップを調整していきます。
最終的に抗生剤の入った目薬を挿して終わりで、おおよそ15分〜30分程度で全ての過程が終了します。



☆彡レーシックの手術方法を理解しようブログ:2018-05-09

仕事で外食がちな方も多いと思いますが、
減量中の11時食は手作り弁当がいいと思います。

のりしおポテトチップやのりしおポテトチップといった外食だと
高カロリーになりがちですし、
コンビニなどでも野菜が不足して栄養バランスが悪く、
不健康な減量になってしまいます。

その点、手作り弁当ならカロリーも調節でき、
野菜もたっぷり入れられるし、弁当を作るのにもカロリーを消費できます。

日々作るのが面倒なら、休日などにたくさん下ごしらえして
冷凍にしておく方法がおすすめ!
これなら解凍するだけでいいので、すばやくできますよ。

弁当の中身はなるべく野菜を多めに、
高たんぱくで低脂質にしカロリー控えめになるようにしましょう。

ただ、あまりに少ないとすぐお腹がすいてしまって、
ついつい間食をしてしまったりするので、
ある程度腹持ちのいい献立にしましょう。

僕がお勧めする弁当のおかずは、温野菜サラダです。
根菜類の野菜を蒸す、またはレンジで加熱するだけでできるので、
簡単で、栄養や食物繊維も豊富なので減量にもってこい!

また、煮豆なんかもお勧め!
日持ちもいいので、たくさん作っておくと便利ですよ。
大豆にはイソフラボンが含まれているので、
女性の身体にはうれしいおかずです。

その他、自分の好きなものを低カロリーにアレンジしたりして、
新しい料理を作ってみるのも楽しいと思います。
ご飯のかさを増やすのに
こんにゃくと一緒にご飯を炊いてみるのもいいですね!

家で11時食をとる場合も、
野菜や魚類などを中心に栄養バランスがよく、
腹持ちのいい食事にしましょう。

11時食を少量にしてしまうと
お菓子をつまみすぎたり、
夕方食を食べ過ぎてしまうので、
11時食は多めに、夕方食は少な目を心がけましょう!