☆彡日本国内でのレーシック実績

☆彡日本国内でのレーシック実績


☆彡日本国内でのレーシック実績
日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
現在でも各クリニックのサイトを見てみますと、95%以上の人が裸眼視力で1.0以上まで回復していることがわかります。 現在でもレーシックは大変人気のある視力回復方法となっていますが、これから先さらに人気が上昇していくことと思います。
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきていますのでもっとレーシック希望者が増えていくことでしょう。
レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
近年、着々と広がりを見せており、ここ数年のうちに白内障の手術件数を上回り、 眼科の手術のほとんどを占めるとさえ言われています。

レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
そして屈折率を変化させ、ピントを合わせていくことで視力を矯正する手術となります。




☆彡日本国内でのレーシック実績ブログ:2018-08-14

一昨日、むすこの三歳児検診に行って来ました。
身長、体重、視力、聴力などなど
むすこの成長を確かめるのです。

検診の最後に心理相談という部屋がありました。
そこは息子の心理や、
息子を育てる両親のこころの相談室です。

部屋の中に、
あたしと嫁とむすこの三人で入って行くと、
優しそうな男の先生が、迎えて下さいました。

実は今、子育てで悩んでいる事があったんです。

息子も三歳になると、
息子同士で遊ぶことが増えてきます。

もちろん息子たちにも自我が芽生えて来てますから、
おもちゃを取り合ったり、ケンカになったりもするわけです。

それは至って自然な成長なのですけれど、
まだまだ、それぞれの息子の成長に差があります。

うちのむすこは、
少し小柄で言葉もまだまだ赤ちゃん言葉なんです。

だから、どちらかと言うと
仲間と一緒に遊べなかったり、
話している言葉が伝わらないので、
取り残されたりしてしまう事があるらしいのです。

普段、そんな自分のむすこを見ていると、
両親としては色々感じてしまいますよね。

かわいそうになったり、
むすこが傷ついているんじゃないかと心配になったり…
そんな話を先生に相談してみたのです。

すると先生は…

この世代の息子は、多少仲間とけんかしても、
両親が感じているほどには、
息子自身は傷ついたりしていません。

大切なのは、
両親がたくさん息子を「受容」してあげることです。

話をじっくり聞いてあげたり、
息子の気持ちを解ってあげたり、誉めてあげたり…
たくさん受容してあげてください。

そうする事で、愛されている、受け入れられてるという安心感を得て、
エネルギーを蓄えて、また社会に向かって行こうとします。

このお話に、あたしはすごく納得しました。

☆彡日本国内でのレーシック実績

☆彡日本国内でのレーシック実績

★メニュー

☆彡そもそもレーシックってどんな治療なのか
☆彡サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶ
☆彡レーシック手術の割引制度を有効活用
☆彡100%失敗しないとは限りません
☆彡もうコンタクトレンズは必要ありません
☆彡レーシックの手術方法を理解しよう
☆彡日本国内でのレーシック実績
☆彡安全性の高いレーシック手術
☆彡大切なのはレーシックの実績数
☆彡レーシックにおける保険金の給付


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)視力回復が現実になる最新のレーシック