☆彡日本国内でのレーシック実績

☆彡日本国内でのレーシック実績


☆彡日本国内でのレーシック実績
日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
現在でも各クリニックのサイトを見てみますと、95%以上の人が裸眼視力で1.0以上まで回復していることがわかります。 現在でもレーシックは大変人気のある視力回復方法となっていますが、これから先さらに人気が上昇していくことと思います。
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきていますのでもっとレーシック希望者が増えていくことでしょう。
レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
近年、着々と広がりを見せており、ここ数年のうちに白内障の手術件数を上回り、 眼科の手術のほとんどを占めるとさえ言われています。

レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
そして屈折率を変化させ、ピントを合わせていくことで視力を矯正する手術となります。




☆彡日本国内でのレーシック実績ブログ:2019-02-17

テレビ(白黒テレビ)って、
昭和34年の皇太子明仁親王(今上天皇)と美智子様のご成婚を機に
普及し始めたそうですね。

おいらが子どもの頃、
テレビのある家はそれほど多くありませんでした。

当時は、街頭テレビというのがあり
多くの人がそれを見ていたようですが、
おいらは見た記憶がありません。

おいらの家は決して裕福なほうではありませんでしたが、
そういう時代の流れに乗るのが好きなお母さんのおかげか、
それともプロレス好きの親父のおかげなのかよく分かりませんが、
テレビを早々と買ったのでした。

当然ながら、近所の内では早い方でした。
テレビが家に無い人は、近所の家で見せてもらうというのが
当時は当たり前のことでしたので、
近所の子どもたちが、
よくおいらの家へテレビを見に来ていたのを覚えています。

その当時どんな番組を見ていたのかほとんど覚えていませんが、
たぶん親父はプロレスを見ていたと思います。
お母さんは…
「今日の料理」でも見ていたのではないでしょうか。

おいらが覚えているのは、1つの番組の1つのシーンだけです。
それは、実写版の「鉄腕アトム」で、
鉄腕アトムが故障し、ウエストのあたりを開いて修理しているところです。

修理シーンに興味を持ったのか、
強い鉄腕アトムが故障したのに驚いたのか、
いずれにせよ子ども心にかなり強烈な印象を与えたのだと思います。

白黒テレビは、真空管式でした。
テレビには放熱しやすいように穴がいくつか開けてありましたので、
そこから中をのぞくことができました。

のぞいて赤くともっている真空管を見るのが、
おいらはなんとなく好きでした。

真空管が赤くともっていないと、テレビは故障でした。
親父が真空管を買ってきて、自分で取り替えて修理していました。


☆彡日本国内でのレーシック実績

☆彡日本国内でのレーシック実績

★メニュー

☆彡そもそもレーシックってどんな治療なのか
☆彡サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶ
☆彡レーシック手術の割引制度を有効活用
☆彡100%失敗しないとは限りません
☆彡もうコンタクトレンズは必要ありません
☆彡レーシックの手術方法を理解しよう
☆彡日本国内でのレーシック実績
☆彡安全性の高いレーシック手術
☆彡大切なのはレーシックの実績数
☆彡レーシックにおける保険金の給付


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)視力回復が現実になる最新のレーシック